灰クリーナー 18L アッシュクリーナー 薪ストーブ メンテナンス 送料無料でお届けします 灰掃除 KIKAIYA 灰取り 灰フィルター 灰掃除,/archimime104.html,灰クリーナー,メンテナンス,灰フィルター,DIY、工具 , 業務、産業用 , 業務用掃除機,kwc.org,18L,KIKAIYA,アッシュクリーナー,薪ストーブ,2646円,灰取り 2646円 灰クリーナー 18L アッシュクリーナー 薪ストーブ メンテナンス 灰フィルター 灰取り 灰掃除 KIKAIYA DIY、工具 業務、産業用 業務用掃除機 灰クリーナー 18L アッシュクリーナー 薪ストーブ メンテナンス 送料無料でお届けします 灰掃除 KIKAIYA 灰取り 灰フィルター 2646円 灰クリーナー 18L アッシュクリーナー 薪ストーブ メンテナンス 灰フィルター 灰取り 灰掃除 KIKAIYA DIY、工具 業務、産業用 業務用掃除機 灰掃除,/archimime104.html,灰クリーナー,メンテナンス,灰フィルター,DIY、工具 , 業務、産業用 , 業務用掃除機,kwc.org,18L,KIKAIYA,アッシュクリーナー,薪ストーブ,2646円,灰取り

灰クリーナー 18L アッシュクリーナー 薪ストーブ メンテナンス 送料無料でお届けします 灰掃除 KIKAIYA 送料無料 灰取り 灰フィルター

灰クリーナー 18L アッシュクリーナー 薪ストーブ メンテナンス 灰フィルター 灰取り 灰掃除 KIKAIYA

2646円

灰クリーナー 18L アッシュクリーナー 薪ストーブ メンテナンス 灰フィルター 灰取り 灰掃除 KIKAIYA

・薪ストーブなどの灰取り作業が手軽に行えます
・使用方法はお手持ちの掃除機を本体に繋ぐだけ!
・差込口の周りはゴムになっていますので、接続する掃除機のホースサイズがφ29mmまでであれば差し込む事が可能です
ホースサイズがφ29〜48mmの場合は、片方の手で差込口にホースを押し当ながらご使用ください
・製品自体に集塵機能はありません

※ご購入前に、使用される掃除機のホースサイズを必ずご確認ください

【ご注意】
・灰の掃除は必ずストーブの火が完全に消え、灰が冷めてから行なってください
・灰を吸い取る際には、残り火や熱いままの灰を吸わないようお気をつけください

☆北海道は別途送料500円を申し受けます
☆沖縄は別途送料1,000円を申し受けます
☆離島(中継)地域は別途送料お見積りとなります
----------------------------
◎別途送料は商品それぞれ個々に頂戴致します
送料区分の異なる商品を一緒にカートに入れた場合や、一部の特殊な送料設定の商品の場合、
注文確定の画面で追加送料が表示されません(送料部分が0円または※円と表示されます)
ご注文後に合計金額を変更し、メールでご案内致しますので、予めご了承下さい




|||||||||]

灰クリーナー 18L アッシュクリーナー 薪ストーブ メンテナンス 灰フィルター 灰取り 灰掃除 KIKAIYA

News

2021.11.10 IR

第12期 第3四半期四半期報告書 (304KB)

2021.11.10 IR

2021年12月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) (240KB)

2021.11.10 IR

自己株式の取得状況及び取得終了に関するお知らせ (会社法第459条第1項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得) (116KB)

新中期経営計画(2021-2023年)

philosophy

食糧増産技術(アグリテクノロジー)と真心で世界の人々に貢献します

食糧増産技術(アグリテクノロジー)

弊社では、世界の食糧増産に貢献する製品開発を行っています。
3つの「アグリテクノロジー」を極め、世界に普及させるために、社員自らも栽培に挑戦する会社です。

防除技術

2拠点の研究体制(鳴門・インド)高安全性・新規有効成分探索

施肥灌水技術

栽培技術 水耕栽培肥料 国内シェアNo.1

バイオスティミュラント

環境・病害虫に対し作物の免疫力を高める生物多様性の尊重

  • 食糧増産が必須
  • エネルギーの大量消費
  • 自然破壊

SDGs・CSRへの取り組み

  • 食糧増産が必須

    農薬使用による薬剤耐性の発生

    新規開発を行っている農薬メーカー
    は約千社の中で日欧米の20数社

    新規薬剤開発防除技術

  • エネルギーの大量消費

    地球温暖化
    局所的な気候変動

    作物へのストレス増大

    作物の免疫力の向上バイオスティミュラント

  • 自然破壊

    砂漠化・塩害・水質汚染
    世界の土壌の3割が劣化

    必要最小限の水と肥料施肥灌水技術

OATアグリオグループの企業活動そのものが、SDGsへの取組みです。
『アグリテクノロジー』を普及させることが“環境保全”・“資源効率の改善”・“飢餓撲滅”に繋がります。

取り組み事例

CSR基本方針の下、主に鳴門市内の小学生を対象に「栽培の楽しさを知ってもらうとともに、植物について学習する機会を設ける」をテーマとして栽培学習会や栽培研究センター見学会を実施しています。

海外展開

弊社は3つの「アグリテクノロジー」を軸に、グローバルな視点で製品開発を行っております。
国内外の関連会社と共に海外展開を加速、世界の食糧生産に貢献します。

PICK UP