盗まれた味/氷月葵,本、雑誌、コミック , 歴史、心理、教育 , 歴史 , 歴史その他,仇討ち包丁,485円,/outline/,kwc.org,毎日クーポン有/ 485円 毎日クーポン有/ 仇討ち包丁 盗まれた味/氷月葵 本、雑誌、コミック 歴史、心理、教育 歴史 歴史その他 毎日クーポン有 完全送料無料 仇討ち包丁 盗まれた味 氷月葵 毎日クーポン有 完全送料無料 仇討ち包丁 盗まれた味 氷月葵 盗まれた味/氷月葵,本、雑誌、コミック , 歴史、心理、教育 , 歴史 , 歴史その他,仇討ち包丁,485円,/outline/,kwc.org,毎日クーポン有/ 485円 毎日クーポン有/ 仇討ち包丁 盗まれた味/氷月葵 本、雑誌、コミック 歴史、心理、教育 歴史 歴史その他

送料無料 毎日クーポン有 完全送料無料 仇討ち包丁 盗まれた味 氷月葵

毎日クーポン有/ 仇討ち包丁 盗まれた味/氷月葵

485円

毎日クーポン有/ 仇討ち包丁 盗まれた味/氷月葵

著:氷月葵
出版社:コスミック出版
発行年月:2021年08月
シリーズ名等:コスミック・時代文庫 ひ5−3
キーワード:あだうちぼうちようぬすまれたあじこすみつくじだいぶ アダウチボウチヨウヌスマレタアジコスミツクジダイブ ひずき あおい ヒズキ アオイ

関連商品リンク
氷月葵
コスミック出版
コスミック・時代文庫 ひ5−3
内容紹介
江戸深川の飯屋“江戸一”は小体な店だが、味の旨さと店主の吉六特製のタレが人気で大評判。長男の吉平は店を手伝いながら、いつか自分も料理人になろうと心に秘めていた。だがある夜、店に押し入ってきた何者かに父親は殺され、秘伝のタレの入った瓶も盗まれてしまう。吉六の死で一家は離散。吉平は柳橋の料理茶屋に拾われ、奉公人として料理の腕を磨いていく。だが、思いは父の仇を見つけること。吉平の身を案じる南町奉行所同心・矢部一之進は科人を捕らえるべく、探索に奔走していた。一向に手がかりのないまま五年の年季が明け、出商いを始めた吉平。ある日“江戸一”の味に似ているという料理茶屋の評判を聞き、出かけた吉平がそこで見たものは?書下ろし長編。
※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

毎日クーポン有/ 仇討ち包丁 盗まれた味/氷月葵